計画性のない鹿児島旅行’02.12 

 

えっと、鹿児島に行ってまいりました
何故に鹿児島?いや行ったこと無かったのでね、、、鹿児島県
九州で唯一行ったことのない県だったのですよ
んで、バーゲンチケットも取れたので、行ってみることにした、、、んですけどね
別にNHKの連ドラ"まんてん"に感化されたわけではないです、、大体見てないし(^^;

実は直前になって、どうも気が乗らないんだなぁ、、、不思議と、、、
ガイドブックを買ったのが、2日前、、、しかも、買ったまま袋から出してもいない(^^;
だからロクに何も情報を仕入れずに、宿も桜島と指宿湯の里のYHを適当に予約、、、
まぁ、鹿児島って言や桜島っしょ、やっぱ、、、あと指宿は有名ですからねぇ、、、
それにココとココなら、半島2つとも回れるかなぁって、、、

んで、荷物を詰め込むのが前日なのは、まぁ、よくあることだけど、、、
それどころか、行くのを止めようかと思うくらい、気乗りしない、、、なんでだろ〜♪

  2日目へ   3日目へ   旅のことへ   サイトTOPへ


 1日目(12/7)

 鈴鹿名古屋AP鹿児島AP霧島佐多岬桜島  12/7地図

んでも、さすがに出発当日には、少しだけワクワク感がでてきた、、、
6:00に起きて、駅へ、、、さらに近鉄、リムジンバスと乗り換えて、8:00頃に名古屋空港到着
名古屋の天気はくもり、、、ここまで来て、初めて旅行先の天気が気になってきた(^^;
携帯で鹿児島の天気をチェック、、、くもり時々雨、、、、(ノ_・。)

行きはANA、飛行機の中で、初めて折り目をつけるガイドブックを見ながら、今日はどこいこうかと考える
とりあえず今回の旅で、両方の半島の先っぽには行ってみることにした、今日は大隅半島かな
でもさすがに2泊3日では鹿児島全体を網羅するのは無理だねぇ、、、まぁ車で走るだけなら別だけど

鹿児島空港には10:00過ぎだったかな、、、やっぱし天気が悪くて到着間近まで何も見えなかった
さすがに着陸間際になると、南九州独特の広大な丘陵地が視界に入ってくる、、、
それを見て、とりあえず霧島の方に行ってみたくなってきた、、、

空港について、観光案内?のおねーさんにトヨタレンタカーを予約したことを告げると
会社に電話してくれ、空港から出て右の方にしばらく行ったトコで待つように言われた
行ってみると既にワンボックスが停まっていて、5、6人乗っていた
他のレンタカー会社は空港の真正面に見えていたけど、トヨタレンタカーは少し離れたトコにあった
いや、見えなかったからわざわざ観光案内まで行ったのだけど

ピンクのVitzだった、、、う〜ん、無難にシルバーとかに全部しておけばいいのに、、、
カーナビが付いていたので、とりあえず霧島神宮に行き先を合わせることにする
と、そのために西郷公園の駐車場に車を停めたので、折角だから西郷さんの像を見ていくことにする
空港の真正面にあるこの公園の西郷さんは、人物像としては日本一大きいらしい
だから何?って気もしないではないが(^^;、、、西南戦争などの展示もされてます、お土産も売ってます

さて、車を空港のある丘陵地からさらに高い山の方へと走らせる
カーナビの案内に沿ってぐんぐんと高度が上がっていく、、、やがて霧島温泉郷を通過
ここからは山の中腹を水平に走る、、、と見晴らしが良いトコに道の駅霧島があったのでちょっと立ち寄る
道の駅より高いトコに神話の里公園もあってグラススキーとかスライダーとかできるらしい
ホントなら後方に霧島山系が見えるのと違うのかなぁ、でも雲の中、、、下界もいまいちすっきりとしてない

 

まもなくで霧島神宮に到着、天孫降臨の舞台
ということで結構社格の高い神社なんですよね
駐車場の案内にしたがって車を停める、、、
けど他に車がいないなぁ、、、と思って歩いていくと
なんや、もっと近くに立派な駐車場があるやん(^^;;;

大きな鳥居をくぐり、樹齢何百年もの大木の間を
ちょっと厳かな気分になりながら歩いていくと
朱塗りの立派な本殿が近づいてくる、、、
入口の門はキレイに装飾されている、、、
けど伊勢神宮とかの落ち着いた社殿に慣れてるから
ちょっと違和感を感じないでもないなぁ
春日大社とかも朱塗りだけど、装飾はなかったよねぇ
まぁ、東照宮ほどではないけどねぇ(^^;

中国とか沖縄の影響が少しはあるのかなぁ

参拝して戻ってくると展望台のようなトコがあったので行ってみる、、、まぁ、やっぱしいまいちなんですけど
霧島は坂本龍馬とお龍が日本で初めて新婚旅行をした地であるとの説明が書きがあった

それから車は山を下り始める、、、もうお昼だったのでどこかで黒豚かラーメンか地鶏あたりが食べたい
と思ったときにはガイドブックに載ってるような店は近くにはなかった、、、すでに通り過ぎてた(^^;
すごく混んでるラーメン屋は見かけたのだけど、車が車道に溢れるくらいに混んでたのであきらめてしまった
結局、海岸沿いまで下り、13:00過ぎに桜島の手前くらいで食堂に入り、ちゃんぽんを食べた、、、

桜島は半分以上が雲の中、、、このまま桜島すら見れずに帰ることになったらどうしよう、、、
なお、車はそのまま南下していく、それに連れて対岸の薩摩半島が近くなって見えるようになってくる
R269の終点で一度海岸線から離れ、くねくねした山間の道を登り、、、下る、、、
そして15:00頃に佐多岬ロードパークの入口に着いた、、、

有料道路なので料金所で停まる、、、千円も取られた、、、距離の割にちょっと高すぎないか?
まぁ観光道路なので仕方ないのかとも思ったが、その割には道路の整備もあまり良くない気がする、、、
いや多分、作ったときは良かったんだろうと思うよ、、、でもやっぱ人が来ないんだろうねぇ、、、
たまに見えるモミジやツタの紅葉と、ソテツやフェニックスが混在する沿道がなんだか変な気分にさせる
そしてロードパークの終点に到着、、、佐多岬にはそこから歩いてトンネルを抜けて行くらしい、、、
車を停め、トンネルの中に入る、、、、売店がある、、、と、思ったら、なんと入場料を取られた、、、
高い有料道路の料金を取られた上に、ここでも入場料をとるのかぁ(◎_◎;、、、まぁ、100円だけど

入場券に付いていた地図によると結構歩くらしい、、、
そして歩き始めるが、、、さらにビックリである、、、
地図にある遊歩道の大半が崩壊してるのだ
結構、あちこち歩いて回れるように書かれている
のだけど、現実には展望台までの1本道になっていた
そして更にビックリすることに、、、地図には
展望台から岬の先っぽまで遊歩道があるのだが、、、
それも崩壊しているのか通行止めになってるのだ!

なんやねんそれは、、、それじゃ余計に寂れるだろうに
そして遊歩道終点の展望台も廃墟のようになっていた
「入れるのか?」と思いつつ近づく、、、電気ついてた
しかも売店があっておばさんもいた、、、
こんなトコに1人でいるんだ(^^;、怖くないかい?
展望台への階段を上る、、、さすが展望はすばらしい
天気が良ければなぁ、蒼い澄んだ海なんだろうけどなぁ
岬の先っぽまでくらいは歩けるようにしてほしいなぁ

  

また同じ道を戻る、、、この遊歩道の往復で出会った人は4人(夫婦2組)だけだった

さて今夜の宿の桜島へととって帰る、、、なんかすごく無駄な行動をしている気分、、、
大隅半島と桜島の接合部に着いたのが18:00頃、、、もう随分と暗くなってしまってた
そしてYHまでは桜島を半周、、、、最初見つからなかったが、フェリー乗り場から少し登ったトコにあった
立派なコンクリの建物で100人は泊まれそうな大きなユースだった、、、
けどチェックインしたところ、、、今日はボク1人なんだそうな、、、(^^;、、、失敗したなぁ、、、
いや食事を頼んじゃったんだけど、1人しかいないのにユースで飯を食う理由なんてないのだよねぇ

もう晩飯の準備は出来ているというので、荷物を置いて食堂に行き、1人寂しく飯を食う(v_v)
下に温泉もあるというので、することもないし食後にすぐ向かう、、、と、ちょっとビックリした(◎o◎)
なんと温泉は、、、大浴場だった!、いやそんなキレイではないけど大きさは小さな温泉ホテル並!
いや、これはちょっといい誤算だった、、、

さぁ、、、風呂から上がって、、、することがない、、、仕方なく外に出かけることにした、、、
とりあえず少し車で周辺を流してみるが、、、真っ暗でなにも見えないのでまた戻ってきてしまった
そしてフェリー乗り場に行ってみることにする、、、桜島フェリーって24時間営業なんですねぇ( ・_・;
あぁ、ユースで飯喰ってなかったら市内に繰り出すんだけど、、、次があればそうしよう

フェリーTの前にあった商店でビールを買って戻る、1人寂しくビールを飲んで就寝、、、
寝る前に確かめた天気予報によると、、、明日もやっぱし晴れ時々雨らしい(ノ_・。)

  ページTOPへ   3日目へ   旅のことへ   サイトTOPへ


 2日目(12/8)

 桜島一周鹿児島市吹上浜野間岬指宿  12/8地図

朝、7:30にごはんを食べて、そそくさと出発、、今日はまず桜島を一周することにした

先ず行った先は、桜島自然恐竜公園、、、フェリーTからすぐ近くです
見晴らしの良い丘の上にあって、桜島と鹿児島の街を前後に見渡すことが出来ます
今日も天気は悪いが桜島は全体が見ることが出来た(´。`;
"恐竜"ってあるように、巨大な恐竜模型が公園のあちこちに点在しています

少し時計回りに進んだところから、湯之平溶岩めぐり道路に入り、湯之平展望所へと向かう
林道のような道をどんどん登っていくと、フェリーTからは15分くらいで到着、、、
いや、ここからは目前に頂上が迫っていて、かなり迫力があります(^^)
しばらくボケーっと見ていたら、売店のオバちゃんがやってきた、、、9:00開店か、、ここも1人で店番らしい

  

そのまま溶岩めぐり道路を反対側に下り
今度は桜島を反時計回りに進む
9:20有村溶岩展望所に到着する
ここは大正と昭和の大噴火によってできた溶岩地帯で
10万haだったかの広大な殺伐とした風景が広がっている
遊歩道もあるので、足早に回ってみることにしました、、、
ところどころ待避所があり、この溶岩が歴史だけの
ものではないことを改めて感じさせてくれる

さらに時計回りに進む、、大隅半島との接合部を通過し
黒神の埋没鳥居門柱に到着する
なんでも桜島と大隅半島を地続きにした大正大噴火の際
埋没してしまったものらしい、、、

なんか利用価値ないのかなぁ、これだけの溶岩、、、

さぁ、フェリーTに戻り、鹿児島半島へと渡りましょう
10:10に乗船口へと車を回すと、ほとんど待つことなくフェリーの中へと誘導された、10:20頃に離岸
約13分の船旅、車を降りて何かが出来るほどの時間はないが、折角なので船の中をウロウロする

さて、鹿児島市、、、まだお昼には時間も早いけど、折角だから鹿児島ラーメンでも食べていくとしよう、、、
ガイドブックをみると天文館の"くろいわラーメン"が10:30からやってるみたいなのでここに決めた
時間100円の無人Pに車を停め、歩き出すが、西に進むつもりが、北に進んでた(^^;、、、
ボク割と方向感覚は良い方だけど、ビルばっかの街中はダメなのだ、、、山か海が見えないとf(^ー^;
結局、10分くらい無駄に歩いて、目的地に到着、、、まだ11:00前だというのに、ほぼ満席になっていた
とんこつだけど案外さっぱりしたスープが美味しかった(*^_^*)、、大きな特徴はないけど"基本"って感じ
帰る途中に"さつまあげ"を売ってる店があったので、店のオバちゃんのオススメを500円分くらい購入
そしたらオバちゃんが1個おまけをくれた(^^)

鹿児島市からは一気に薩摩半島を横断することにした、そして反時計回りに指宿に入ろうかと、、、
そして東シナ海に抜け出た場所は吹上浜、、、なんでも日本三大砂丘らしいが、、、鳥取砂丘は確実だろけど
あと1つはどこなんだろう?と思いつつググルって見る、、、と、九十九里浜とか中田島砂丘とか、ん〜4つある
長ーい浜が延々と続いてるって感じかなぁ、やはり青空の下なら気分もいいんだろうけどなぁ

  

それから、野間岬へ、、、加世田市を過ぎた辺りから
R226は中央線のないクネクネした道になる
切り立ったリアス式海岸の切り立った岸壁と
いくつもの小さな島が見事な景勝をつくりだしています

野間岬には風力発電所があって、その関連の
野間岬ウインドパークとかいうのもあったけど通過、、、

折り返した南側の岸壁は北側以上に入り組んだ地形で
運転していて酔ってしまうくらいだったf(^ー^;

途中"焼酎づくり伝承展示館"というのがあったので
寄ってみようかと車を止めたのだけど
300円とはいえ入館料をとられるのでやめてしまった
こうゆう施設は無料で入館させておいて、、、
オリジナル焼酎とかを高く買わして利益得るもんだろう?

普通ならこれだけの景観があれば即観光地だろうにねぇ

さらにクネクネとすすむと鑑真上陸の地ってのがある、日本史の教科書にも出てくるあの鑑真、、、
幾度もの航海失敗で失明しながらもたどりついたことは知ってたけど、着いた先がこんなトコだとは知らなんだ

もう少しだけクネクネと進んでみるが、見事な景勝地もこれだけ続くと飽きてくるもので
坊津町役場手前でエスケープ、、、ここまできちゃってると時間的には変わらなかったかも知れないけどね
R270に入り、枕崎からR226に再度合流するが、このあたりはもういい道になっている

頴娃町に入り番所鼻自然公園に立ち寄る、、、
なんでも伊能忠敬が絶賛したらしいが、、、
その割には、駐車場も小さいし、観光地化はされてない
公園の入口には2軒旅館があって、公園への道も
旅館のための道みたいで、最初ちょっととまどった、、、

たしかに海を隔てて見える開聞岳のクールな姿と
海岸の岩礁はなかなか面白い地形だとは思う、、、

けど、実は自然に出来た遊歩道のように見えるけど
実はコンクリートで所々つないであるんだよねぇ〜

なんか意味のないコトしてるように思うんだけどなぁ
どうしてありのままの景観で満足できないのかなぁ
さて、この時点で17:00、、、今日のトコロはこれまでかなぁ
長崎鼻とか池田湖かも行きたかったけど、明日かなぁ

ポッカリ浮かぶ開聞岳(^^)

そのまま指宿の湯の里YHへと向かう、ちょっと場所がわかりにくく、結局電話して案内をうけてなんとか到着
今日は1人ではなかった、、、が、なんでも同部屋の子は飯を外に食べに行ったらしい、、、う〜ん
結局、また1人で夕食、、、ま、食事は昨日のユース飯ではなくて、割と手の込んだ料理で美味しかったけど

ご飯を食べて部屋でくつろいでると、同部屋の子が帰ってきた、、、なんでもチャリダーなんだそうな
1週間くらい休みをとってるらしいが、こんなに休めるのは久しぶりらしい、、、
明日は開聞岳に登るそうだけど、麓までは自転車で行くんだって(^^;、、、ま、頑張っておくれ、、、

このYHの風呂も温泉だと言うことで、ちょっと楽しみにしていたのだけど、、、普通の家庭のお風呂でした(^^;
お風呂から上がると、チャリダーの彼は熟睡しちゃってたので、ボクも早めの就寝、、、、

  ページTOPへ   旅のことへ   サイトTOPへ


 3日目(12/9)

 指宿長崎鼻池田湖谷山霧島鹿児島AP名古屋AP鈴鹿  12/9地図

さぁ、最終日、、、今日はまず砂蒸し風呂に埋まる予定であるが、まだちょっと時間も早い、、、
そこで、近くの魚見岳に登ってみることにしました、、、って車道があるので車でですけど(^^ゞ
カーナビが案内をしてくれないので、仕方なく自力で予想しながら行ってみると、、、細いけど立派な道かある
頂上に電波中継所があるから、本来はそのための道なんだろうけど、ちゃんと公園としても整備されてます
展望台に登ると桜島から佐多岬、開聞岳と見渡すことが出来ますなかなかいい景観でした
今日はまだ、ところどころ雲の切れ間があって、昨日一昨日よりはましな感じです

さて、砂むし会館"砂楽"へと向かいましょう、
2Fの受付で900円はらって浴衣を受け取り
1Fの脱衣場で浴衣に着替えます(下には何も付けません)
そしてタオルだけを持って海岸へと行くと、
砂浜がいくつかの50m程の升に仕切ってある
その升の中で人が並んで砂に埋まってる、、、
スコップをもったオバちゃんにおいでおいでをされ
周りの人と同じように横になると、オバちゃんが
頭にタオルを巻いて、砂をかけてくれる、、、
すると背中の方から、ジンジンと熱が伝わってくる
そして体中からジュワ〜っと汗が流れ出てくる、、

ところどころ熱くなりすぎるので、
ちょっと身体をずらす、、と、砂が崩れちゃうのだけど
そうするとまたオバちゃんが砂を掛け直してくれる
なんだかんだ20分くらい埋まってた、、、(^^;
砂は使用後熱湯で消毒されてます

砂から出ると、そのまま浴場へと向かい、浴衣を脱いでシャワーを浴び砂を落として、温泉に浸かる
砂楽は人工の砂むし風呂らしいのだけど、なかなかどうして結構癒されました(*^ー^*)
でも次は本当の天然砂むし風呂の山川の方に行ってみようかなぁ〜

癒されたあとは、昨日は時間切れで行きそびれた長崎鼻の方に向かう
が、少し晴れ間も出てきたので期待して近づいていくが、どうも不安定で一喜一憂する
10:45長崎鼻に到着、雨降ってるやん(ノ_・。)、、さらにココは、なんと民間の有料駐車場しかない!
仕方なく声をかけてきたオッちゃんのトコに車を預ける、そこの店でおみやげをかえばタダになるというし
おまけに傘まで貸してくれたので、まぁ良しとしようか、、、傘を差して鼻の先の方に向かって歩く

けど、とんでもなく雨がきつくなってきた(^^;
灯台に続く道の途中で木の陰に避難しちゃったもの、、、
なんとか灯台に着き、やれやれと思ったら雨が止んだ(^^;
まぁ、止まないよりいいか、、、と、更に明るくなってきた
いいぞ!と思ってると、開聞岳のバックに青空が!!
チャンス!と思い、カメラをもって構える
が、、、
どうしても頂上にある雲が取れない、、あとチョットなのに

仕方なく、戻り始めると、さらに青空が広がってくるが、、、
それでも頂上の雲はとれない、、、30分粘ったけど、、、
駐車料金を払うくらいならと、おみやげをあさるが
めぼしいモノが無く、無難に紅イモ羊羹を買って出る
すると、、、頂上見えてるやん(ノ_・。)、、、でも、、、
また行くわけにもいかんし、バックは曇ってたので諦める
けどチョット癪に障るので、こんどは山の反対側から
見てみることにした、、、
YHで一緒だった彼はどの辺にいるのだろう

頴娃町に入ったトコに、ちょっとした駐車場があったので、車を停めてみる
海岸線が延びる先に開聞岳が見えちょっといい感じ、、、でも雲が増えちゃってぼやけた感じだなぁ
まぁ、いいや、池田湖に向かおう、、、

池田湖は九州最大のカルデラ湖だそうです、ホントに一時期、イッシーがいるとかで話題になった
イッシーはいないけど巨大ウナギはいるそうで、体長2mにもなるんだそうな
まぁ、天気が悪いので、いまいちでしたが、晴れた日にボケーッとするには良いトコかも知れない

  

さて、もう行くトコって特にないんだけどなぁ、、、まぁ、お昼も過ぎたし、どこかでご飯を食べよう、、、
ガイドブックを見てると近くにレストランも載っていたのだけど、通り道の谷山と言うところに
長渕剛やラサール石井が常連という"海乃屋"ってラーメン屋が載ってたので行ってみることにした
ただ谷山に着いて駅前をウロウロするけど、店がよくわからない、、、
近くを3周くらいして最後見つからなかった諦めようと、思ったところで見つかった(^^;

外見は普通のラーメン屋さんだったけど、中にはいるとやっぱし長渕の写真やらポスターがいっぱい
いやまぁ、別にボクはファンでもなんでもないけどねぇ、、、普通にラーメンを注文、、、
ん〜、美味しいんだけど、ちょっとあっさりしすぎな感じ、、、いや、この辺は好みの問題だと思うけど

その後は、そのまま鹿児島空港へと向かう、高速で行こうと思ってカーナビをセット、、、
が、その通りに車を走らせると、いつのまにか鹿児島市街に突入してしまっていた、、、
一番近い鹿児島ICにナビゲートしてくれると思いきや、鹿児島北ICからのルートになっていたのだ、、、
え〜、混んでんじゃないかなぁ、、、と思いつつも逆戻りはせずカーナビに従うが、、案の定、渋滞に突入、、、
まぁ、飛行機までは有り余る時間があるのでいいのだけど、逆言うと中途半端に時間が残るんだよなぁ

鹿児島北ICからは30分足らずで鹿児島空港到着、、、
この時点で15:30、、、飛行機は18:00過ぎ、、、
そのまま空港を通過、、、また霧島方面へと向かう
霧島温泉に浸かろうかとも思ったが、ここは
黒豚を食べようと思い、一昨日立ち寄った道の駅
レストランに直行、黒豚トンカツ定食を注文、、、
ホントはビールも欲しいトコなんだけど(^^)なぁ
道の駅とは言え、黒豚はやわらくジューシーで
とっても美味しかった(*^〜^*)

後は何かする時間もないので、駐車場でボケーッとする
一昨日よりは少し天気もマシなので、韓国岳の姿も見える
ただ下界の方は、やっぱりはっきりしないねぇ
本来なら桜島とかも見えるらしいのだけど、、、

遠く韓国まで見えるから韓国岳だそうです

16:30に道の駅を出発、17:00過ぎにトヨタレンタカーの隣の給油所で満タンにしてVitzを返す
空港に送ってもらい、チェックイン、、、さてお土産でも買うかなぁ、、、
しかしウロウロしてたらラーメン屋さんがあったので、お腹いっぱいだけど、最後に食べていくことにした
もちろん とんこつラーメンを、、、でも、なんか業務用スープって感じの味で、それにあっさりしすぎな感じ
まぁ、まずくはないけど、わざわざ無理して食べる程ではなかったと反省、、、

お土産はANAShopで焼き豚を購入、実はレンタカーをANAから頼んだのだけど
そしたら500円の商品券くれたの、、、んで、焼き豚高いけど、「まぁ、いいか、、、」ってねぇ

帰りはJALExp、はじめてだったんだけど、、、機内放送がないのねぇ、、、ちょっと退屈だった
19:30頃、名古屋空港到着、、、あとはおきまりのコースで帰宅

あぁ、なんか天候のこともあるし、ちょっと無駄に動き過ぎた感じで、不完全燃焼だねぇ
もうちょっと、半分くらいに的を絞って動くんだったなぁ、、、次来るときは、そうするとしよう

  計画性のない鹿児島旅行’02.12 おしまい

  ページTOPへ   2日目へ   旅のことへ   サイトTOPへ