その時まかせの宮古島旅行 '03.04

      2003.4.12〜15

ええっと、宮古島に行って来ました、今回は往路超割復路早割です、、、が、実質は千円ほどです
実は貯まったマイルをANA利用券30,000円分に交換していたのですけど
早い内に使っちまおうと、ほぼ全額これで支払ってしまいました
(行きは関空発直行便、帰りは那覇経由名古屋行きにしたので約31,000円でした)
ただ一つだけ問題が、、、利用券で超割等を支払ってしまうと、キャンセルすると全額が帰ってこないのです、、、
「ま、大丈夫だろう(^.^)」と思ってたんですが、、、、、、、、、、
なんと突然の予想しなかった職場異動(^^;、、、、休みが取れるかどうか、、、、

ちょっと心配しつつも新しい職場に出勤し、まだ仕事の内容も把握してないうちに、、、
「すみません、、、休んでもいいですか(^^ゞ?」
なんとか無事休暇取得(´o`;、、、よかったぁ、、、3万円ふいに(いや、もともとダタだけど)するとこだった


1日目(4/12)

関空発の宮古島直行便は、今までのように昼過ぎの便だと思ってたのですが
昨日の朝に確かめたら、今までよりも1時間くらい早めだった
ん〜、4月からの出勤時間と同じくらいに出ればいいと思ってたのだけど、早起きさせられてしまった
けど、つまりは宮古島に着くのも早くなる訳で、着いてから結構動けるなぁ、、、
今回はレンタバイクを借りて宮古島を走り回ろうかと思ってたんだけど、
フェリーの時間が合えば久しぶりに伊良部島も行ってみようかなぁ、、、

今日の三重の天気は くもり 、、、携帯でチェックした宮古島の天気は くもり時々晴れ である
近鉄特急で難波へと向かい、南海関空快速で関西空港へと向かう、、、今日の大阪の天気は 雨

10:30頃、関西空港に到着、大型連休前の閑散期とはいえ超割のせいか結構混んでましたね
ちょっとお昼には早いけど、到着時刻が中途半端になるので少し腹ごしらえを と思い
さぬきうどん店で生醤油うどんを食す、割とうまいと思ったが、空港料金なのでちと高い(v_v)

11:20頃出発、やや揺れが大きい中飛行していった、ほとんど眼下は雲ばっかり
特に沖縄本島のあたりは分厚い雲で覆われていた、、、
、、、なんでも那覇便や石垣便は欠航や目的地変更が一部あったらしい
たしか出発が5分くらい遅れて、到着も同じくらい遅れたように思う
宮古島の天候はくもり、、、たまに小雨が降ったり、薄日が差したり、って感じ、、、

空港の観光案内所で宮古観光の必須アイテム「宮古島ガイドブック」をゲッツ(^^)
さらに最近新たに発行されたらしい「んみゃーち宮古島」というガイドブックもゲッツ(^.^)
、、、この2冊、下手な有料観光ガイドブックよりよほど役に立ちます、空港着いたら絶対入手すべし

空港を出て、タクシーに乗り込み「西里通りに行ってください」
レンタバイク屋は2件あるのだが、今回は街の方にある富浜モータースにしてみた
いやずうっと借りるならサーウエストにしようかとも思ったのだが、明日くらいに返そうかなとも思ったので
交通の便の良さげな方にしたのだ(ってたいしてかわらんのだが、西里通りならバスでも帰れる)

とりあえず明日返却でバイクを借り、既に慣れてしまった道を平良港へと向かう
なんとか13:50発のフェリーに間に合った、料金は往復で千円、、、ん?千円???
ちょっと待て、、、最初の宮古島旅行の時、自転車で往復千円だったぞぃ( ・_・;
あん時は「儲けた(^^)」って喜んでたけど、、、
もしかして損してたんじゃないのか???
いや、フェリーはもう一つの会社のだった気もするけど
料金は同じハズよねぇ、、、、、、、ま、いか

船は5分ほど遅れて出航、、、っていうか
多分時間通りに出航することはほとんど無いだろう、、、
乗客は20人くらいか、、、車の方はほぼ満車、、
ま、車でない人は普通は高速船だわな

ちょっと重そうな空だが、相変わらず海は碧い
30分弱で伊良部島に到着する

遠ざかる平良市街

フェリー乗り場は変わっていなかったが、高速船の乗り場が2年半前と変わっていた
でも、なんか、仮の乗り場って感じなので、港を再整備するのだろうか、、、
さて、関空で早め&軽めの昼でしたから、港の売店で間食を購入
ジューシー(炊き込みご飯)のおにぎりうずまきパン、宮古名物うずまきパンは実は伊良部が発祥である

さてさて、どこで食べましょうか、、、、
よし、2年半前には通過したふなうさぎバナタ
海を見ながら食べるとしよう(^^)

前回は逆回りで、自転車でしたからかなり遠く感じましたが
バイクだとすぐに着いちゃった、、、
ふなうさぎバナタの意味は船を見送るところの意味らしい、、、
ふな→船?、バナタ→離た?、、、う〜ん、よくわからん、、、
とりあえずと腰を下ろしうずまきパンを食べ始めたら、、、
観光バスがやってきた(^^;、、、 しまった、、、
先に写真を撮っておくんだった、、、
団体さんにジロジロ見られながら、うずまきパンを食べるσ(^^;
バスが去ったあと、リアルにサシバをかたどった展望台に上り
一通り写真を撮る、、、、ん〜、天気がなぁ、、、

そんなにめずらしいかい、、、?

そのまま反時計回りに伊良部島を回り始める
まだサシバの展望台が見えるところから遊歩道が始まっている、そういえばこんなのもあったなぁ、、、
「すぐに戻れるだろう」、、、と、遊歩道を少しバイクで走り始めたところ、、、、
なんか、どんどん車道が遠ざかる(^^;、、、あかん戻ろか、いや、も少し行ってみて、、、あら;、、おい、、、、
遊歩道のほぼ全部をバイクで走りきってしまった、、、(でも、バイク進入禁止ってかいてなかったもーん(^ー^;)
でも、途中遊歩道が崩壊してました、、、、多分そのうちに歩くことすらままならくなるのではないかな(^^;

佐和田の浜から下地島空港を回り込み(今回もタッチ&ゴーは見れず(v_v)

通り池は地下で海とつながってるという話 14:40通り池へ、、、2年半前とずいぶん変わってた( ・_・;
通り池から先に木道ができてた、、、 折角なので歩いてみたが
先に来ていたさっきの団体客がいて邪魔なこと、、、、
ちなみに終点は対岸に帯岩の見える岩壁
浸食されて向こうに海の見えるだった、、、
駐車場へと戻り、団体のバスの発進前に出発、

渡口の浜に行く前に
 ちょこっと寄り道で
下地島空港入口まで
が、案の定、関係者
以外立入禁止だった
 
渡口の浜は白い
16:30渡口の浜に到着、さっき寄り道したせいで
またまた団体と一緒になってしまったが
ちょうど帰るところだったので、誰もいなくなるのをしばし待つ、、、
ちょっと晴れ間も出てきましたねぇ(^^)
このまま天気良くなってくれればいいのになぁ、、、

まだ少し時間もあるので、牧山展望台にも寄る、、、
ここの景色はやっぱしいい(^^)、
、、けど、また曇っちゃった(v_v)  

対岸の宮古島とは最短距離で約4km、橋を架けるという話もある

さらにまだ少し時間もあるので、サバオキ公園へと向かう、、、10分ほどぼやけてる宮古島を眺める
サバオキ井戸にも降りようかとも思ったのだが、降り口の東屋に若者がたむろしていたのでやめてしまった

17:20、帰りのフェリーに乗船、観光バスも乗ってきた(^^;
17:30、出航、30分強で平良港到着、、、で、下船、、、、と思ったら、エンジンがかからん(^^;
さっきまで快調だったのに、、、おかしい、、、けど、船に乗ったままって訳にもいかんので
押して下船、セルでダメなら、キックで、、、と試してみるが、なかなかかかんない、、、

ん〜、人が少し寄ってきてしまった(^^;、、、で、5分ほど格闘してたらなんとか始動、、、(´o`;

そのまま、北上、18:00過、ゲストハウスゆくい到着
家に帰ったように、普通に建物に入っていく、、、るみねぇ発見、今回は2階の一番奥の部屋へと案内された
今日は釣客の団体さんがいるそうです、あとは一人旅がお二人、ボクよりも年上のオジさんでした

団体客と一人旅組に別れて夕食、その後にいつものように飲み会突入
団体客の人数が減ってきたところに一人旅組合流、が、結局最後に残るは一人旅組(^^;
んで、るみねぇが最近狩俣住民になったというご夫婦を呼び出す
旦那さんはボクより少し年上で、奥さんが同い年だったかなぁ、、、子連れ移住だそうです
旦那さんは見た目はちょっと怖くて、しゃべりは面白いという、バリバリの大阪人でした
まだ職が決まってなくて、今は蓄えを放出中、、、んで、アルバイトをするとかなんとか、、、
ま、沖縄ならばそれでもなんとかやっていけるらしい、、、地元の人に受け入れられさえすれば
飲み会の最中に「文吉、あしたもずく採りいこか?」と るみねぇ、、、明日の予定決定、、、
この日は25時まで、、、


2日目(4/13)

朝、8:00頃起床、、、昨日は終わりが早かったから、全然元気(^^)
ケータイを見ると、D介さんからメールが来ていた「来るんなら、連絡しなさい」、、、、(^ー^;
なんでも、昨日、ボクが部屋に戻った少し後にやってきたらしい、、、

朝ご飯をいただきに食堂へ、
るみねぇも既に起きていて、もずく採りは昼過ぎにしようとのこと
んじゃ、午前は宮古島北部観光と行こうかなぁ、、、

9:00過に出発、、、しようかと思ったのだが、、、
またしてもエンジンがかからない(^^;、 今度は10分ほど格闘
なんとか始動、、、まずは西平安名崎へと向かう
途中、宮古馬の小屋による、こんな立派なのあったかなぁ、、、
一昨年の12月かららしい、、、
一昨年は、12月に来てるけど、その時はまだなかったのかなぁ
去年は、、、2回宮古に来て、西平安名崎に来た記憶がない(^^;

西平安名崎には行くに行ったが、
今日はあいにくの曇り空なので、写真も撮らなかった

写真ではわからないけど、小柄な馬です、ポニー程ではないけど

少し戻り、県道の少し手前で狩俣湾方面への道に左折、雪塩の工場へと向かう
塩飴(これが不思議にうまい)2つと120g入りの雪塩を購入、、、したら施設の説明をしてくれるという
雪塩はミネラルが豊富と言われる沖縄の塩の中でも、特にその特殊製法によりギネスに認定されているらしい
一瞬にして乾燥させることでそれが可能なんだそうで、そのため結晶にならずに粉になるのだそうです
海水をそのまま使うのではなく、海岸近くの陸地の地下何百メートル(忘れた)だかから汲み上げてんだそうです
ちなみに、その深さまで到達するまでは、海水ではなく真水だったそうです
以前も書いたと思いますが、実は宮古島は巨大なスポンジなんですよねぇ(^^;
最後に説明のネーネーから「ココのことはどうして知りました?」と聞かれ、、、「以前から知ってました」(^^;

次に、今度は狩俣の集落を通り抜けて島尻方面へと向かう
マングローブ林が公園としてキレイに整備されているらしい、、、
実はマングローブ林そのものを見に来たことがなかった、、、
10:20、狩俣よりの遊歩道入り口にバイクを止め、歩いていく
マングローブに身近に触れると言うよりは
上から見下ろして観察すると言う感じ、
ま、マングローブ林には小動物がたくさん棲んでますから
これくらい距離があった方がいいんでしょうねぇ、、、
でも、できれば一つ展望台が欲しかったかなぁ
マングローブ林そのものを上から見下ろせるような、、、
ゆっくり歩いて10分強で遊歩道の反対側の
島尻よりの入り口に着く、こっちには駐車場はなかった

駐車場に戻り、、、、さて次は何処に、、、、う゛、、、
またエンジンが動かない(^^;、、、今度は重傷だった(´_`;

いや、もっと広いんだけどね、そうゆう写真だとマングローブってわからなくてね
今朝はセルを何度も回していたら動いたので、同じコトをしていたら、バッテリーが上がってしまった
仕方なく、今度はキックをしまくるが動かない、、、20分くらいの格闘の末、、、、動いた(´o`;
も、ダメだねこのバイク、、、あした借りるかどうしようか迷ってたけど、今日返して来よう、、、
、、、、、、でも、次にエンジン止めたら、、、動くかなぁ、、、

一度狩俣を通過し池間島の給油所まで燃料を満タンにしに行く、今回の旅、池間島はこの時のみ(^^;
当然一時エンジンを止めたが無事始動、狩俣に戻り、バイクをゆくいに置いて、食堂すむばりで昼食
最近あちこちで紹介されてきたためか、観光客がふえている、今日は基本のタコ炒め定食を注文(*^ー^*)

ゆくいに戻り、海パンにTシャツ姿で食堂にてるみねぇを待つ
冷蔵庫の脇に部屋割り表があるのを発見、、、
あの、本名でなく「文吉」って書いてあるんですけど(^^;

13:00頃、もずく採りに出発!
海に到着し、「これがもずくだから」とるみねぇに教授され
もずく狩り開始、、、もずくがあるのは胸の深さの辺りから
足下に生えてるもずくを、潜って手でひっつかんで採る
最初、岸の近くではあんまし見つかんなかったのだけど
その内に一面もずくだらけのもずく畑を発見(^ー^)
いやホント宮古のもずくは太い、直径2ミリはあるかも

 二人で小1地時間ほどで、バケツ1杯ほどのもずくを収穫
最初からあの畑を発見してたらもっと採れたのになぁ、、
海で少し洗った後、車に乗せてゆくいへ、、、

手で引っ張るとズルズルって採れます

が!、ゆくいに到着してみると、大問題発生!?もずくを入れたざるが車のトランクで転倒(^^;
るみねぇがもずくを洗っている間、ボクは 車のトランクの大掃除(^◇^;

トランクを片づけた後、シャワーを浴びしばし休憩
その後、るみねぇの買い物に合わせて、バイクを返しに行くことにした
が、、、やっぱしエンジンかかんないぃぃぃ(T△T)、、、悪戦苦闘、、、汗だくになり20分経過、、、
るみねぇに「電話したら?」と言われ、「あと、10分やってみます」と、、、
押しがけっぽく、勢いつけて惰性でバイクを走らせ飛び乗ってセルを回してみる、、、と、、あ、なんか良さげ
もう一度チャレンジ、、、ブルッ、、ッ、、ブルルルン♪、、、おぉ(*^o^*)

周辺を一回りし、たまたまゆくいから出てきたお手伝いのかすみさんに
「るみねぇに動いたので行きますって伝えてくださーい」とバイクに乗ったまま声をかけ
そのまま平良市街へ、、、西原のあたりでるみねぇの乗った車に追い抜かれた

富浜モータースでバイクを返し、何度と無くエンジンがかからなかったことの症状を詳しく伝える
店の前でるみねぇに拾ってもらい、サンエー食品館なかそねスーパーと買い出しに付き添う

今日はもう釣り団体が帰ってしまい、少し静かな夕食、、、
かわりに風力発電の技術者の人が二人
でもご飯を食べてすぐに引っ込んでしまった
あとダイビングに来たネーネーが一人
ボクより少しおねーさんかもしれない、割と常連さんらしい
今日採ってきたもずくを早速いただく 、、うまい(*^ー^*)
もずくをさっと湯通しすると鮮やかな緑になる、
これをそーめんのようにめんつゆにつけていただく、、、
実はボクはもずくはあまり食べない、でもそれは
"もずく酢"が嫌いなだけで、もずくのせいではないのだ

その後、地元の人も数人加わり、宴が続く、、、
と、ある時、ボクの背中をつつく人有り(^^;
D介さんであった、、、
いや、だって、なんか忙しそうだったし(^^;

この日は、、、何時までだっけか?、、、
そんなに遅くなかったと思うけど、、、26時くらいか?


3日目(4/14)

朝、9:00頃起床
今日の予定は昨日のうちに決めてあった、、、八千代バスに乗る、、、
特に何か目的があるわけではない、、、平良になにか用事があるわけでもないし、、、
ただ単に、地元のバスに乗ってみようかと思っただけである、、、無意味に(^^;
天気が良ければ泳ごうかとも思っていたが、あいにくの曇天なので、そっちの気にはならなかった

食堂で朝食をいただく、、、ゆくいの朝食は特に時間指定はない、、起きた時間が朝食時間(^^;
午前中はそのまま、本読んだり、寝ころんだり、散歩したり、のんびりと過ごす、、、
11時過ぎにもバスがあったのだが、のんびりモードのまま乗り過ごしてしまった

狩俣購買店支店でおにぎり弁当と金ちゃんヌードル(レギュラー)を購入してお昼にする
沖縄のジューシーおにぎりは安くてうまい、、、食堂もいいが、こちらも結構オススメである

13:10、そろそろバスの時間なので荷物を持って通りへ出る
実は昨日の内に地元民のみなさんから乗り方を教授されている(^^)
(1)どこでも乗って、どこでも降りられる(いわゆるフリー乗降だが、全区間そうなので少し意味が違う)
(2)「次はどこどこ〜」って案内はない
(3)んじゃ、降りる時はどうするのかは不明、だって「私、ボタン押したことがない」っていう人もいるし(^^;

通りに出て、まだバスの姿が見えないので、一応、バス停に向かって歩き始める
結局、バスが通り過ぎる前にバス停に着いてしまい、数分後、普通にバス停からの乗車となった、
乗ったとたんに、「○○円ね〜」と言われた、、、均一料金ではないのに、先払いだとは思わなかった
、、、でも、その後で乗ってきた人は、払ったり払わなかったり、、、別にどっちでもいいみたいだ(^^;

あと5分ほどで終点、、、ってトコで、バスは客を乗せたまま給油所による(^^;、、、おいおい
ちょっと呑気すぎないかって思ったら、運ちゃんも割と焦っていた(^^;;;、よっぽど深刻な状況らしい
でもま、普通、内地ならそんな深刻な状況に陥らないように対処しているハズよねぇ〜
って訳で、バスはかなり遅れて13:40頃、八千代バス平良バスターミナルに到着、、、ってターミナルか?
スーパーなかそねの近くで、ちょっと町はずれくらいにある

さて何をしましょうか、、、んっと、、、図書館でも行くかな、、、インターネットできるって言うし、、、
、、、が、休みであった、、、沖縄でも図書館の休みは月曜日なんだな(^^;、、、
おまけに雨も降ってきた、、、 仕方なく隣の市役所へ、、、
こちらにもインターネット体験コーナーはあるハズ、、、

雨もやんだので市役所を出て、西里通りをぶらぶらする
15:00頃、おやつ代わりに古謝食堂で宮古そば(小)を食べた後
平良港ターミナルの 売店でオリオン缶を購入し、
パイナガマビーチで曇天の下でも青い海を見ながらちびちび
よく見ると、50mくらい沖で泳いでる人がいる、、、
トライの人かな(今週末は宮古島トライアスロンだ)
ベンチで昼寝、、、そのまま16:30頃まで、、、
う〜ん、天気悪くても泳ぐんだったかなぁ、ちょっと後悔

八千代バスターミナルに戻ったのは、17:00
まだバスの時間には20分ある、 待合室っぽいところで待つ
バスは既にいるんだけどねぇ、、、バスを待つのは6人

何故に数メートルでもう青いのだろう、、、
10分前くらいにバスの運ちゃんがやってきた、、、って行きの時の人や、、、
まぁ、八千代バスの定期路線はコレしかないし、バスも1台のバスが行ったり来たりしてるだけだしねぇ

出発の頃にはなんだかんだ15名くらいの乗客となっていた、半分以上が学生かな
乗客を1人ずつ降ろし、バスは北上していく、、、降りるときの方法は最初の一人目でわかった
降車ボタンを押した直後にバスは停まるのだ、昨日の「私は押したことがない」理由は謎のままだが、、、、
このバスは行きの時と違い、大浦や島原の狭い集落の中の道を走っていくので面白い
昨日、るみねぇに聞いてたので、わざわざこの時間のバスにしたのだ(両方向とも日に2本くらいある)

島尻の集落から抜け出て、県道に戻るともうじき狩俣である、、、
まず狩俣のバス停で2人降りた、そこで一応確認「あの?購買の前でもいいです?」
運ちゃん、黙ってうなずく、宮古の人は仕事中は寡黙な人が多いのだろうか?
狩俣購買支店前で下車、いっしょにオバァが1人降りた

18:00ちょい前、ゆくいに帰着、、、ホントに無駄に過ごした1日であった(^^)、、、ってまだ終わってないか
ご飯の後、風車の2人はやはり引っ込んでしまった
ま、ダイバーネーネーの友達(元ダイビングショップ店員)とか、その他にも地元民もやってきて宴突入
すると何故か風車のうち1人が参戦(^^)、ゆくいは場所柄、風車技術者がたくさん泊まりに来てるらしい
今回の2人は初めてらしいが、そこはそれ、他の風車技師の話で盛り上がっている
ボクには、その人物はよくわからないが、他人の奇行は聞いていて面白い、、、

23:00頃、そこに更に、狩俣交通防犯協会の会合を終えた
地元のオッちゃんらがやってきた(^^;
先の電話では9名という話が、何故か15名くらいいる、、、
るみねぇ曰く「二桁だと断るから、わたしが」

ダイバーネーネー&友達が部屋に引っ込んだ後
ボクらも交通防犯協会に加わる、、、 ってゆうか
オトーリに強制参加させられて、そのまま(^^;

でも、地元の人の集まりの飲み会ってのは
ホント、地域の文化に触れてるって感じでおもろいです

その後、交通防犯協会はイーザト(宮古の夜の繁華街)へ
流れていった(危うく連れてかれそうだったが、、、)ので
こちらは解散、、、、2:00くらいだったかなぁ

たとえ冗談でも、こうゆう会話は楽しいね(^^)

今回の旅は、3日間とも割と早めだったねぇ


4日目(4/15)

9:00頃起床、今日もまた天気が悪い、雨は降ってないけどね、、、風が強いので、、、寒い(^^;
気温は多分、25℃くらいはあるのだろうけど、実際、寒いと感じるのだ、、、

朝食をいただいた後、する事もないので、ゆくいでゴロゴロしていたのだけど、さすがにそれも飽きた
そこで、まだ行ったことのない狩俣の東海岸に行ってみることにした
まずは狩俣の裏山の遠見台へと登る、広く碧い海の沖に大神島が浮かんでいる、、、曇天なのが残念だ

そして、遠見台から一気に海岸へと下る、干潮で随分と潮が引いている、今日は多分大潮だと思う
ずうっと北の方に幅の狭いビーチが長くつづいている、ふくらはぎくらいまで水に浸かりつつ北へと歩く
もう少し暖かければ、そのまま沖に歩いていって、飛び込んじゃってるかもねぇ(^^;

世渡崎(西平安名崎の対岸の岬、池間大橋のある方)の付け根あたりで上陸、県道へと戻る
そして今度は西平安名崎方面へ、、、最初は先端まで行くつもりが宮古馬をすぎた辺りで止める
そのまま西海岸の方へ出てみることにした、西海岸は東海岸と違い、あまり浜がない
岩場の合間に、ちっちゃなビーチが点在している、岩を登ったり下ったり、苦労しながら南下する
かなり疲れたので、プチ冒険を終了、海岸からアダンの間を抜けると、もう狩俣集落のすぐ近くだった
食堂すむばりでソーキそばを食べた後、ゆくいへと戻る

実は飛行機は16:00頃なので、今日はほぼ1日フルに使えるのだが、結局は何もする予定がない
再度、ゆくいでゴロゴロを始めたら、元ゆくい居候で無事希望通りに狩俣住民と化したゆかちゃん登場
誘われるままにドライブへ、って世渡崎の先端と、西平安名崎の先端まで、、
って、さっき歩いてたトコのもうちょっと先まで行っただけやん(^^;

ゆくいに戻ったのは15:00くらいだったかな、忘れずにお土産、狩俣購買支店に行き千代泉1升瓶を購入
んで、15:30、るみねぇに空港へと送ってもらう、出発前にビニール袋いっぱいのもずくを渡された(^^;
20分ほどで宮古島空港到着、「んじゃ、また来まーす(^^)/」

空港でバナナケーキうずまきパン(ロールではない)を購入、飛行機は時間通りに出発、離陸した
那覇空港でのトランジットの間に最後の最後のオリオンの生ソーキそばを食す

名古屋空港へは19:30頃到着、、、って訳で自宅には22:00頃帰宅、、、明日から仕事かよ(´、`;

 「その時まかせの宮古島旅行’03.04」 おしまい

   Topへ→  旅行記選択へ→