計画性のない北海道旅行’03夏

 

7/18(金) 北海道7日目

朝、4:30起床、晴れてる(^^)
とりあえずはオシンコシンの滝を見に行って…、さぁ、どうしよう
とにかく知床は晴れているのである、斜里に行っても晴れている保証はない…
いっか知床で(^_^;


オシンコシンの滝


知床自然センターから岩尾別方面へ分岐すぐ
少しガスがあるものの、連山がキレイ

で、ウトロへ向けて車を走らせると…、うわぁ、知床連山がキレイに見えるぅ(・o・)
…、、、、登りたい…、前登ったときは、ガスってたし…、登ろう…
って訳で、何故か羅臼岳に登るつもりになってしまった(^_^;
ウトロのセイコマで買い出しをして、いざ岩尾別登山口へ、2度目だから勝手がわかってるので慣れた感じ…

6:10、登山を開始する
しばらくは林の中をジグザグに登るのだが、登り始めて30分、なんだか空が曇ってくる
それも雲がそんなに遠くない…、嫌な予感(v_v)
案の定、しばらく歩くとガスに包まれる、ふぇ〜ん(T.T)、さっきまであんなに晴れてたじゃんかぁ…

とはいえ、今更降りるのもなんなので、登り続ける
登山口から2時間半ほどで、林を抜ける、と目の前に雪渓が延びている
前来たときより大きい感じ、これは行きはともかく、アイゼンを持ってないので帰りはちょっと怖い…
でも、雲も抜けてしまったのか、青空が広がっている…ってことは頂上からは雲海かなぁ…


登山口から40分のオホーツク展望
空が曇ってきてしまいました(v_v)
 


羅臼平には9:30到着、少し休憩
これからはかなり急な登りである(´△`;


たくさんの花が登りの疲れを軽くしてくれます
 


羅臼岳の雪渓
これを乗り切れば、羅臼平
お花畑が待っている(^〜^;


羅臼平からは高山植物の宝庫
 


10:50羅臼岳山頂\(^o^)/
でも、やっぱし雲海でした(v_v)

12:00下山開始、お昼を食べつつ1時間以上粘ってましたが、状況はかわらなかった(v_v)
15:00岩尾別登山口到着、雪渓はやっぱ怖かった(>_<)
降りる途中で空は晴れてきましたが、逆に頂上方面は雲に包まれてたので、まぁ諦めてよかったかな

ついでなので、知床五湖と知床大橋くらいまで行って戻ってきましょうか…
 ※この当時は、まだ自家用車で知床大橋まで行けました


知床五湖のたぶん二湖
三〜五はあいかわらず立入禁止でした…
知床連山はすっぽり雲の中です


知床大橋
ここから先は完全に立入禁止です
そして完全に熊のテリトリーです

17時となりましたので、そろそろ斜里へと向かいましょう
林道を前を走って逃げるエゾジカに注意しながら戻ります、ふと知床連山を見ると
あ、羅臼岳だけ頂上が見えてる(v_v)…
まぁ、こんな時間に頂上にいたら日没との戦いになるしねぇ、仕方ないねぇ

今夜の宿は、清里町のとほ宿風景画
斜里岳のすぐふもとで登山にはバッチシ
19時ころに到着、宿泊者はボク以外にもう一組
ご夫婦がいるらしいんですが外食だそうで、夕食はボク1人
ラムしゃぶでした、初めてだったけど美味しかったぁ(*^ー^*)

明日は斜里岳に登るというと、
なんでも明日オーナーさんが団体のガイドを頼まれているらしい
「こっちの出発が7時だから、その前に出た方がいい」
とアドバイスされ、朝ご飯はおにぎりにしてもらいました

食後にヘルパーの女の子と旅の話を少しした後、近くの温泉へ
戻ってきて22時すぎ就寝
Zzzzz.......

 

7/19(土) 北海道8日目

朝、6:00起床、くもり…っていうか霧でわからん(^ー^;
そそくさを準備をして、玄関に用意してもらってあったおにぎりを持って出発

7:00清岳荘登山口到着、しまった…、昨日の風景画のオーナーさんの忠告が(^_^;
すでに駐車場はいっぱいで林道に縦列駐車させられる、それさえもかなりの台数で結構遠くに止めさせられた
登山口まで歩いていくと、オーナーさんが団体さんに準備運動させてた…、ギリギリセーフ(^o^;
軽く挨拶をして、7:20、先に出発

斜里岳の登山道は途中から沢づたいの旧道と尾根づたいの新道に分かれる
天気のこともあるので、行きは距離の短い旧道で、帰りは展望の良い新道にしました

新道と旧道の分岐の下二股までは、沢づたいに40分ほど
旧道は大小の滝を見ながら登る(ってか一部沢登りのような…)涼しいコースで、急な割りに案外疲れない


滝を見ながら、沢づたいに登る

下二股から1時間40分
9:40に新道と再び合流する上二股に到着
キンバイの群落がキレイに咲いていました(*^_^*)
少し休憩していると旧道から若者三人がやってきました
なんでも清里のユースホステルに泊まっていたらしい
なぜかお菓子のお裾分けをいただいてしまいました

10分ほど歩くと、もう頂上から降りてくる人とすれ違う
「どうでした?」と聞くと、「上は天気良いよぉ」とのこと
でもまぁ、雲海なんだろうなぁ…、今回は雲海三昧かぁ…
まもなく林を抜けるとともに、青空も広がる


10:10馬の背に到着
思った通りに雲海だ(^_^;
遠くに知床連山が見えます


次第に登りが急に
ってか、沢登りになってきたりもする(^_^;


上二股付近のチシマノキンバイ群落


10:35斜里岳頂上到着
団体が2パーティーくらいいました

12:00下山開始、1時間20分も頂上で過ごしてしまったが、結局状況はかわらず(v_v)
下山を始めてすぐ、馬の背までの間に団体とすれ違う
仕方なく通り過ぎるのを待つと最後から風景画のオーナーが現れた
「やぁ、どうも(^^)/」「お疲れさまです(^^)/」…大変だなぁ、こんだけの人数を引き連れるのは(^_^;

12:15上二股到着、ここから新道を歩きます
が、まぁ頂上からがあれですから、ほぼ雲の中で
展望はあまりなかったですねぇ
花はリンネソウとかそこそこ咲いてましたが

歩いていると、また別の団体に追いついてしまった
どっかで見た顔ぶれ…と思ったら
昨日羅臼岳でも見かけたツアーだった
なんでも明日は雌阿寒岳に登るそうな…タフな方々だ…

途中、団体さんが休憩時に追い抜いて、13:40下二股到着
団体に支えてたとはいえ、登りと15分しか違わないってのは…
新道って距離が長すぎるんでないか?
(でも、濡れたくない人は長くても新道のがいいかも…)
さらに歩いて、14:20清岳荘登山口到着〜

さて、とりあえずはさっぱりしましょう(^^)
清里町には、昨日行ったのとは別にもうひとつ温泉があるようなので、そちらへ
お風呂から上がって、16:00…、明日の夜にはもう帰りの船ですから、東へ戻ろうかと思いつつ
もうちょっとだけ…

16:30、斜里町の以久科原生花園
でも、花はあんましよくわからなかったなぁ
ハマエンドウとかマメ科がたくさん咲いてましたが…
かつてはエゾスカシユリが大群落を作ってたらしいけど
時期も違うのかもしれないけど、チラチラ咲いてるくらい

遊歩道を10分ほど歩いていたら
目の前をエゾシマリスが通りすぎた…
なんとなくきっかけが出来たので、帰るとしよう…

さて、今日は帯広まで行こうかと車を走らせ始めると…
あ、斜里岳の頂上が見えてる(v_v)

そのまま、車を飛ばして、21:00道の駅音更に到着
晩ご飯を…、とすこし車でうろうろしてたら持ち帰り専門の豚丼屋を発見
買って戻って、道の駅で食べて寝ようと思ったが、この道の駅音更、車止めるトコがないくらい混雑(^_^;
やっとのことで止めるスペースを見つけ、夕飯のち就寝
Zzzzz.......

 

7/20(日) 北海道9日目(最終日)

朝、6時前に起床、天気は…、どんより(v_v)
最終日ですが、船は深夜23:50発ですから、今日1日を十分に満喫しましょう(^^)

まずは広大な十勝平野を一望できる鹿追町の扇ヶ原へ…、が、霧で何も見えずに早々退散

んで、次ぎに十勝牧場展望台
こちらは農水省の十勝牧場の中にあります
なんだか牧場の敷地の中を通り抜けるのに
「ここ通って良いのかな?」ってドキドキしながら
7:45たどり着きました


やっぱガスってるせいで、いまいちかなぁ

十勝牧場展望台はなんでも「戦争と人間」とかいう
映画のロケ地らしいんですが
1971年、ボクが1才の時の映画ですから
さすがにわからんとです(^_^;

十勝牧場は、展望台もさることながら
白樺並木でも有名です


牧場には、なにやら馬が驚くほどいました


白樺並木

それから、帯広市内を突き抜けて、以前に来てお気に入りになった、八千代公共育成牧場
9:40到着、でも、やっぱし、見晴らしがいまいちですねぇ(v_v)


ちょっと先で白んじゃってます(v_v)


これだけ広いと牛追いもバイクで走り回ってます(^_^;

帰りに牧場内にある加工品販売所で今回もアイスを食す
実際に何アイスを食べたかは忘れてしまいましたが、味見させてもらった「辛いアイス」は面白かった(^^)
最初は普通のバニラアイスっぽいのに、甘みと冷たさが消えた後で「ピリっと」辛さが来るの(・o・)

さて、帯広市内に戻って、お昼を食べます
昨日の夜も食べましたが、今日もやっぱり豚丼をたべましょう(^_^;
今度は炭火焼き豚丼のお店「ぶた八」へ
メニューが、ぶた四朗からぶた一朗となんだか面白いです
食べたのは何朗だったかなぁ…、忘れてしまいました

帯広の豚丼は、見た目ほどしつこくなく
肉も軟らかく、パクパク食べることが出来ます

食後にデザートを食べに駅前に行き、六花亭
ちらっと見たぱんちょうは今日も行列でした…
六花亭で無事、サクサクパイをゲットして、無料のコーヒーを飲む
帯広来たら、これはやっとかないとねぇ(*^ー^*)

お昼を過ぎると、随分と天気が良くなってきました…今頃かい(v_v)
とはいえもうそれ程遊んでる時間もないので
西へと向かいつつ、芽室清水あたりで、いい感じの畑の写真を撮りつつ、フラフラと…

日勝峠を越え、道の駅樹海ロード日高で、実はちゃんとやっていた道の駅スタンプラリーを応募

夕張ICから道東道→道央道と走り、17:40苫小牧到着
市場向かいのワールドでタラバガニを買い込んで…
もう思い残すことはない?
いやいや、サッポロクラシックを買わなくては…ってことで
市内をウロウロして、スーパーでクラシック1ケースゲット

一度、苫小牧東港の辺りを通り過ぎて、鵡川温泉で〆

22:00苫小牧東港に到着、待機場へ車を着ける
一度フェリーターミナルへ行き、若干おみやげを物色
とはいえ東港の売店は小さいのめぼしいものはあまりなし…
車に戻り船で必要な着替えとかをまとめて乗船を待つ

乗船は何時だったかなぁ、乗船してから出航まで割と時間があったので、晩ご飯…
って実はやきそば弁当と缶ビールなんですが(^_^;
そうこうしているウチに出航〜、甲板にでて離れていく北海道をボーッと眺める…
さようなら〜、またねぇ〜(^^)/~~~

明日は丸一日船の上ですから、今日は夜更かし…とはいえ1人ですること無いので…
やっぱしビール片手にあっちゃこっちゃ行って飲んだくれてました、適当に酔っぱらって、適当に就寝
Zzzzz.......

 

7/21(月)

何時に起きたんだっけかなぁ…、適当に起きて、適当にまた寝て、お昼頃まではゴロゴロしてた
お昼ご飯は船のレストランでラーメンと牛丼セット、と生ビール(^_^;
もっとも20時頃には運転しますから、この後は禁酒です

19時過ぎに日没、退屈しているのか、割とたくさんの方が甲板に出てきて日が沈むのボーッと見てます
もうかなり敦賀が近いので、沈みゆく太陽の前をゆっくり貨物船が通り過ぎたりします
なかなかにいい感じです

20時敦賀港接岸、下船の準備して荷物を持って接岸するまで甲板で見てました…
接岸を確認した後、車両甲板へ、割と時間が掛かり、20:30にやっと下船
帰りはさすがにしんどいので上道通って関ヶ原まで
自宅には23時過ぎ到着

ただいま〜

前の前(7/11〜14)へ   前(7/15〜17)へ   Topへ   旅行記選択へ